医局員・研修医の声

研修生活を振り返って 2016年4月入局 金沢 美松

奈良県立医科大学口腔外科で研修させていただき、半年が経過しました。
研修が始まり、何をするにしてもわからないことだらけで、自分の無力さ、知識の無さを感じることばかりでした。
大学時代、成績が振るわない学生で、もっと準備をしてから研修に臨むべきだったと考えることも多々ありました。
指導医をはじめとする上級医の先生方に毎日教えを請い、それに対し、懇切丁寧に、時には厳しく、時にはすべてを
教えず自ら考えさせる導を行っていただき、徐々にではありますが自分で出来ることが増えてきました。
カルテの書き方や、基本手技の指導など、懇切丁寧に指導していただき、先生方には感謝しております。
早くから担当患者さんを持たせていただけるなど、毎日、臨床的で実践的な研修を行うことが出来、充実した日々を
送らせて頂いております。日々、初心を忘れず、今後も成長できるよう精進していきたいです。

2016年4月入局 金沢 美松

2017年11月24日(金) | カテゴリ:医局員・研修医の声