学会・講習会

第54回 癌治療学会2016年10月20日~22日,パシフィコ横浜にて第54回 日本癌治療学会学術集会が開催されました. 当科からは,桐田教授がミニシンポジウム「頭頸部がんに対する治療戦略」の座長を務めました. また,ワークショップでは,山川先生が「放射線治療中の口腔癌患者における経管栄養導入に関するリスク因子の検討」という発表を,一般演題では,青木先生が「集学的治療を行った10代進行舌癌の1例」 […]

2016年10月22日(土) | カテゴリ:学会・講習会

2016年9月23日から24日の2日間、岡山市にて第26回日本口腔内科学会、第29回日本口腔診断学会合同学術大会が開催されました。 大会テーマは「口腔症状から全身を探る」でした。当科からは、中山先生、矢多先生が発表され、桐田教授は座長を務められました。 日本口腔内科学会は2011年から学会名が変更され日本口腔内科学会となりました。口腔内科的な治療には適切な検査・診断が不可欠です。口腔症状に対する内 […]

2016年9月23日(金) | カテゴリ:学会・講習会

2016年7月31日東京歯科大学水道橋校舎にて、第18回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会が開催されました。今大会のテーマは「口腔顎顔面外傷と機能回復」でした。当科からは松末先生が口演発表し、桐田教授、山本准教授はそれぞれ座長を務められました。当科は医科大学病院口腔外科で、緊急患者は当直体制で24時間受け入れております。外傷患者を受け入れることは多く、他科(救急科、整形外科、脳外科など)との連携 […]

2016年7月31日(日) | カテゴリ:学会・講習会

2016年6月24日~25日、学術総合センター(一橋講堂)(東京都)にて、第26回日本顎変形症学会総会・学術大会が開催されました。 今回の学会テーマは「安全・確実な顎変形症治療を再興する」でした。当科からは松末先生が、関連病院(洛和会音羽病院京都口腔健康センター・口腔外科)からは?嶌先生が発表されました。 顎変形症治療では、生じる種々のトラブルのほとんどが医原性である事が多く、治療に従事するわれわ […]

2016年6月24日(金) | カテゴリ:学会・講習会

6月22-25日、韓国ソウルで開催された94th General Session & Exhibition of the IADRに当科の川上正良先生が出席しました。 International Association for Dental Research (国際歯科研究学会、IADR)は、1920年、アメリカで設立された世界最大の総合的な歯科の学会です。 IADRの総会・学術大会は毎年 […]

2016年6月22日(水) | カテゴリ:学会・講習会

2016年6月11日~12日,愛知県歯科医師会館にて行われた,第27回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会に参加しました. 当科からは,上田先生が「3D顔面形状データによるフェイスガード作製における顔面印象法の精度の検討」というタイトルでポスター発表を行いました. 日本のスポーツに関わる医・歯・科学サポートの発表や,新たに策定されたスポーツデンティストの活動など,幅広い講演がありました. 今後,2 […]

2016年6月12日(日) | カテゴリ:学会・講習会

2016年6月9日~10日,さいたま市のソニックシティにて第40回日本頭頸部癌学会が開催されました. 当科からは,桐田教授がシンポジウム「口腔がんに対するチーム医療」の座長を務めました.また,一般演題では,青木先生が「頭頸部癌治療における支持療法に関する検討」,山川先生が「口腔癌局所再発例に対する救済手術」,上田先生が「下顎再建における術前シミュレーション -3D モデルとシミュレーションソフトを […]

2016年6月10日(金) | カテゴリ:学会・講習会

2016年4月15日~17日、福岡国際会議場にて第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会が開催されました。 当科からは上山先生、今田先生、河上先生がポスターで、中山先生、高橋先生、仲川先生が口演で発表を行いました。桐田教授はポスター発表の座長を務められました。 今田先生が「骨形成細胞シート移植による顎顔面領域の骨形成能の検討」、河上先生が「新規経口抗凝固薬服用患者の抜歯後出血に関する後ろ向きコホー […]

2016年4月17日(日) | カテゴリ:学会・講習会

2016年3月4日~6日、タワーホール船堀(東京都)にて第25回有病者歯科医療学会総会・学術大会が開催されました。 当科からは福辻智先生、松末友美子先生が発表されました。今回のテーマは「周術期管理-有病者歯科医療を支えるもの」で、日本歯科麻酔学会や日本歯科薬物療法学会などとの合同シンポジウムもあり、改めて周術期管理の重要性を感じました。 BRONJ調査報告ではステージ2に対する外科療法の有効性につ […]

2016年3月6日(日) | カテゴリ:学会・講習会

4 / 71234567